公益財団法人東京都医学総合研究所 神経病理解析室

カズラボ
  • プロフィール
  • 仕事の紹介
  • 発表データ

プロフィール : 関山 一成

学歴・職歴

1998年
東京都立神代高等学校 卒業
2005年
北里大学・獣医畜産学部・獣医学科 卒業
2009年
北里大学大学院・獣医畜産学研究科・獣医学専攻 修了 博士(獣医学)取得
2009年
東京都医学総合研究所・パーキンソン病プロジェクト(旧:東京都神経科学総合研究所・病態代謝化学部門) 非常勤研究員〜流動研究員
2013年
同上 固有研究員
2015年
同上 主任固有研究員
2016年
神経病理解析室に異動
2018年
同上 主任技術研究員

資格等

獣医師免許(農林水産省 第44652号)

知的財産管理技能士 2級(管理業務)(知的財産教育委員会 第IP0820000845号)

自己紹介

実験動物学講座の門を叩き、分化・増殖因子であるアクチビンの脳や脂肪組織における作用の解析をおこない、医学研に移ってからは神経変性疾患の病態解明や新規治療法の探索を中心にこれまで研究生活を過ごしてきました。

脳神経疾患や神経病理解析室の活動に興味があり、 神経病理解析室に移ってからは新鮮な刺激を受け日々過ごしています。ヒトの脳神経病理がメインですが今後、比較病理にも携われたらと思っています。

趣味:トレッキング、 スノーボード(最近やっていない…)

セキヤマ飛んでく

関山 一成・主任技術研究員(常勤)の主な仕事内容をご紹介します。

研究補助スタッフともども、下記の項目についての実務と進行管理を担当しています。

標本作製

共同研究の覚書を締結している病院等と共同して、病理検体などから標本作製を行っています。大型脳病理標本を作製するための大型ミクロトーム(ポリ カット)などを駆使して、良質な標本作成を行っています。病理解剖例のほか、司法・行政解剖の鑑定書作成のための技術指導契約に則った標本作成、また、脳 外科手術例の診断コンサルテーションのための標本作製も行っています。

脳神経病理ライブラリの精度管理と運用実務

所蔵するライブラリ資産について、保管状況などをチェックする在庫確認の作業を担当しています。これらをデジタル化して、疾患別、部位別などのライブラリーデータベースを作製してゆく予定です。

実験室の作業管理・作業環境管理

神経病理解析室における作業管理・作業環境管理を担当し、安全・安心な研究環境作りに貢献しています。

標本デジタルアーカイブの作成と運用

マーモセットのデジタル脳アトラスの運用、脳深部刺激術(DBS)のためのヒト脳デジタルアトラスの作成や運用についても担当します。

動物神経病理に関する共同研究支援

獣医領域の共同研究者との意見交換や共同研究についての支援活動を担当します。

都立病院などとの共同研究支援

特に都立神経病院検査科とのパイプ役を担い、共同研究の円滑な推進のための調整役を果たします。

発表データ

過去5年 (2018.4.1 現在)

  1. Takamatsu Y, Ho G, Koike W, Sugama S, Takenouchi T, Waragai M, Wei J, Sekiyama K, Hashimoto M. Combined immunotherapy with "anti-insulin resistance" therapy as a novel therapeutic strategy against neurodegenerative diseases. NPJ Parkinsons Dis. 2017 Jan 23;3:4. doi: 10.1038/s41531-016-0001-1. Review.
  2. Waragai M, Ho G, Takamatsu Y, Sekiyama K, Sugama S, Takenouchi T, Masliah E, Hashimoto M. Importance of adiponectin activity in the pathogenesis of Alzheimer's disease. Ann Clin Transl Neurol. 2017 Jul 11;4(8):591-600. doi: 10.1002/acn3.436. Review.
  3. Sugama S, Sekiyama K, Kodama T, Takamatsu Y, Takenouchi T, Hashimoto M, Bruno C, Kakinuma Y. Chronic restraint stress triggers dopaminergic and noradrenergic neurodegeneration: Possible role of chronic stress in the onset of Parkinson's disease. Brain Behav Immun. 2016 Jan;51:39-46.
  4. Waragai M, Adame A, Trinh I, Sekiyama K, Takamatsu Y, Une K, Masliah E, Hashimoto M. Possible Involvement of Adiponectin, the Anti-Diabetes Molecule, in the Pathogenesis of Alzheimer's Disease. J Alzheimers Dis. 2016 Apr 8;52(4):1453-9.
  5. Sekiyama K, Takamatsu Y, Koike W, Waragai M, Takenouchi T, Sugama S, Hashimoto M. Insight into the Dissociation of Behavior from Histology in Synucleinopathies and in Related Neurodegenerative Diseases. J Alzheimers Dis. 2016 Mar 31;52(3):831-41 Review.
  6. Sugama S, Sekiyama K, Kodama T, Takamatsu Y, Takenouchi T, Hashimoto M, Bruno C, Kakinuma Y. Chronic restraint stress triggers dopaminergic and noradrenergic neurodegeneration: Possible role of chronic stress in the onset of Parkinson's disease. Brain Behav Immun. 2016 Jan;51:39-46. doi: 10.1016/j.bbi.2015.08.015.
  7. Takenouchi T, Tsukimoto M, Iwamaru Y, Sugama S, Sekiyama K, Sato M, Kojima S, Hashimoto M, Kitani H. Extracellular ATP induces unconventional release of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase from microglial cells. Immunol Lett. 2015 Oct;167(2):116-24. doi: 10.1016/j.imlet.2015.08.002.
  8. Sekigawa A, Takamatsu Y, Sekiyama K, Hashimoto M. Role of α- and β-Synucleins in the Axonal Pathology of Parkinson's Disease and Related Synucleinopathies. Biomolecules. 2015 May 19;5(2):1000-11. doi: 10.3390/biom5021000. Review.
  9. Sekiyama K, Waragai M, Akatsu H, Sugama S, Takenouchi T, Takamatsu Y, Fujita M, Sekigawa A, Rockenstein E, Inoue S, La Spada AR, Masliah E, Hashimoto M. Disease-Modifying Effect of Adiponectin in Model of α-Synucleinopathies. Ann Clin Transl Neurol. 2014 Jul 3;1(7):479-489.
  10. Sekiyama K, Takamatsu Y, Waragai M, Hashimoto M. Role of genomics in translational research for Parkinson's disease. Biochem Biophys Res Commun. 2014 Sep 19;452(2):226-35. doi: 10.1016/j.bbrc.2014.06.028. Review.
  11. Sekigawa A, Sekiyama K, Fujita M, Takamatsu Y, La Spada AR, Masliah E, Hashimoto M. Dual effects of β-synuclein on the pathogenesis of Parkinson disease. Ann Neurol. 2013 Aug;74(2):306. doi: 10.1002/ana.23936. Letter/Replies.

ガイドライン

ガイドライン